失業給付の受給期間の延長の手続きをする

出産を機会に会社を退職して育児をしようと考えている人もいるでしょう。初めての出産ではわからないことも多いです。また自分自身でやれることはやってみたいと考える人も多いです。もちろん会社の方では継続して仕事ができる準備はしてくれています。会社を退職した時、条件が合致すれば失業給付が受けられるようになっています。失業給付は、失業中に求職活動をしている人の生活費を援助するための給付です。失業していること、求職活動をしていることが条件になります。妊娠や出産を理由に退職した時はどうなるかです。妊娠や出産で失業しても失業給付はもらえません。でも出産後に社会復帰する場合にはもらえるようになります。その時のために失業給付の受給期間の延長の手続きをしておきます。そうしないと期限が過ぎてしまって受けられるはずの給付が受けられないケースが出てきます。

失業給付の受給期間の延長しないと給付が難しい

出産のために会社を退職するとき、どれくらいで退職するかがあります。妊娠をしてすぐの場合、数箇月が経ったとき、産前の休暇が認められているときまで働いて退職することもあります。産前でも実際の出産まではしばらく期間があります。すぐに出産するわけではありません。退職をしたらすぐに失業給付が受けられそうな気がしますが実際は受けられません。妊娠中は就職活動が難しいからです。でもどんどん受給期間は過ぎています。一般的な退職をした時には受給期間は1年になっています。退職後1年間しか受けることができません。給付日数は90日分ぐらいであれば1年後から90日前からもらえれば受けることができます。でもそれを過ぎてから申請をしては受けられない部分が出てきます。失業給付の受給期間の延長をしておくことで1年を超えても受給期間を得ることができます。自分でしておく必要があります。

失業給付の受給期間の延長はいつ行うか

会社を退職するときは会社の方でいろいろな手続きをしてくれます。それに加えて自分でもいろいろ手続きをする必要があります。年金や健康保険などの手続きをしておかないと後で受けられないなどのこともあるのできちんと済ませておく必要があります。出産を機会に退職する人であれば失業給付の受給期間の延長手続きをしておきます。これによって出産後しばらく経過した後に就職活動をするときに給付を受けることができます。ではいつごろから行わなければいけないかです。退職をしてすぐに行えるならわかりやすいです。現在は退職後30日を経過した日から1箇月以内となっています。退職後すぐに行っても行うことはできません。またいつでも申請ができるのではなく1箇月以内になっています。その間に手続きを済ませる必要があります。忘れないようにしなければいけません。